ハウスM21

オール電化住宅

ハウスM21は、オール電化住宅を積極的に進めています。

オール電化の基礎知識を皆さまに知っていただき住宅購入の際、 ひとつの判断基準として考えていただければと思っています。

岩手の冬は光熱費がとても高くなりがちですが、オール電化にすると電気代のみになり、経済的にもお得です。 化石燃料を使用しないため、環境に優しい住宅づくりが可能です。

県土の半分以上を森林で占めている岩手に住むものとして、環境のことも考えてみるのはいかがでしょう?

詳しい情報は、スタッフが対応いたしますのでお気軽にご連絡ください。

 

オール電化とはなにか?

オール電化とは、家庭で使うエネルギーを電気のみにすることです。 いままで使用してきた様々なエネルギーを電気のみに変更すると、ガス、灯油給湯器をエコキュート、ガスコンロをIHクッキングヒーターへ。 ストーブ、ファンヒーターを、ヒートポンプエアコンやパネルヒーターなどに置き換えることができます。

オール電化のメリットは、夜間の電力や太陽光発電を活用して光熱費の節電、火を使わない安全性等があげられます。また、高気密の家では、なるべく燃焼ガスを出さない方がのぞましいとも言えます。 日々の生活の中で火を使う機会が少ないので、従来のエネルギーを使用している住宅よりも火災の危険を低下させることが可能です。

オール電化住宅のメリット

  • 電気代を節約できて経済的です。

    オール電化の場合、エネルギー源を電気に一本化することで、基本料金の割引効果が期待できます。 また、電力プランを夜間電力に変更して、夜間の割安な電力を使ってお湯や暖房の熱源をとることによりかなりの経済的なメリットを受けることができます。

  • 火を使わないので、火災の危険も低い。

    日々の生活の中で火を使う機会が少ないので、従来のエネルギーを使用している住宅よりも火災の危険を低下させることが可能です。 平成16年度の消防白書によると、建物火災の原因第一位は「コンロからの出火」とされています。 IHクッキングヒーターは磁力の働きで加熱しますので、「火」を使いません。

  • 環境にも配慮したシステムです。

    オール電化を導入することで、IHクッキングヒーターや、エコキュートなど火を使わない生活が可能となります。 一戸一戸の住宅から二酸化炭素を発生させないという点で、地球温暖化防止にも協力ができるのです。

  • 電気は災害時にも復旧が早い。

    電気・ガス・水道等のライフラインの中でも電気は災害時にも復旧が早い傾向にあります。 また、断水時にもエコキュートの貯水タンクの水を使うことが可能です。 非常時にライフラインを確保できる点でも注目を集めています。