ハウスM21

私達の考える省エネ住宅

標準断熱機密仕様で次世代省エネルギー基準の断熱性能をクリアーしています。

環境保全の観点からも、近年の住宅でますます重視されているのが省エネルギー性です。

断熱性気密性に優れ、より少ないエネルギーで快適な居住性を実現する“冷暖房効率の高い住まい”が求められています。

ハウスM21の目指す住宅は、ツーバイフォー工法を高める技術が随所に投入されている“省エネルギー住宅”です。

 

標準断熱・気密構造

快適で健康な室内空間を実現するため、ハウスM21はツーバイフォーの構造体に高気密・高断熱の施工をし、計画換気を組み込んだ工法を標準採用しています。 また、建物全体に空気を流し、防湿をすることで耐久性の向上を図っています。
木は、水分さえ断ってしまえば、腐朽菌やカビ菌、シロアリにも強い材料となります。

標準断熱・気密構造

基礎パッキン工法
ハウスM21では、基礎と土台の間に基礎パッキン(基礎パッキンロング) を敷き込む工法を採用しています。 湿気のこもり易い床下も、全面通気ですっきりとムラなく除湿します。そのため蟻害や、腐朽菌の寄生を未然に防ぐことができます。 そして何より基礎が換気口で切られないため、クラックの少ない強い基礎となり一石二鳥の効果が得られます。
基礎断熱仕様(オプション)
基礎内部も室内と同じ空気環境にする工法です。床にスリットをあけ室内と基礎空間の通気をとります。 コンクリートが蓄熱体となり、室内の温度を一定にする効果があります。 コンクリートにスラブヒーターを埋設し床暖房とすることも可能です。 この場合は 気密パッキンを使います。
防震吊木工法
ハウスM21では、2階で発生する振動を、階下に伝えにくくするため、特別な工法を採用しています。 防振吊木工法は、長い年月を経過しても変形のしにくい防振吊木を使用し、階上からの振動を減衰させる防振設計です。 さらに遮音の為のグラスウールを根太の間に入れ、音もある程度カットする工夫をしています
樹脂製窓枠:Ⅰ・Ⅱ地域用Low-Eペアガラス
先進の高断熱複層ガラス(Low-E&アルゴンガス入り)は、冷暖房による室内の熱を外につたえにくく、高い保温効果を発揮し、省エネルギーにも大いに効果を発揮します。 また外から室内が見えにくいという利点もあります。 最近では、トリプルガラスが開発され、さらに開口部の性能を上げることができるようになりました。 サッシをトリプルにするだけで、かなりの熱損失が抑えられます。 また、コストが安く、費用対効果が高い、てっとり早い性能アップの方法です。

標準断熱・気密構造

《防腐対策・改良床工法》 ゆかづか
ハウスM21では、基礎にも細心の注意を払っています。 地面からの湿気を防ぐため、防湿土間コンクリートを施工します。 床下の柱になる部分には「ゆかづか」を採用。 床のたわみや床鳴り時の調整が簡単なうえに、腐朽・蟻害の心配のない材質で住まいの耐久性を向上させます。
space2_img_037
《換気システム》 計画換気を行い、健康で快適な室内空気環境を実現します。 空気中のカビ菌やアレルゲン、ウイルスなどの浮遊物を除去、住まいの空気環境を整えます。
V-08XLD3V-08KLD3
《スプレー断熱工法》
ハウスM21の住宅は、ツーバイフォーで構成された構造壁に、ノンフロンのガスを吹き付け、現場発泡させる断熱方式を標準採用しています。 スプレーした瞬間、ウレタン樹脂が約70倍に発泡・硬化して、断熱材内に99%の空気を包み込みます。 地球環境に配慮し、フロンガスはいっさい使用していません。 さらに、ホルムアルデヒド等のVOCもゼロ。 微細な連続気泡の吸放湿で、内部結露の発生をおさえカビ・ダニの繁殖、木材の腐食から住まいを守ります。 約400ミクロンの微細セルで吸音効果も。 次世代の快適と環境を両立した新断熱システムです。

スーパー断熱・気密構造

ハウスM21は標準断熱気密工法に加え新世代断熱気密性能の実現を目指し、スーパー断熱・気密工法を開発しました。 標準仕様の断熱気密工法にさらに、外張り断熱ボードを加え北海道の住宅性能を実現しています。 地球環境を守るため、住宅の性能を良くし、燃費の向上を計り、環境に優しい自然エネルギーを積極的に取り入れることが、 新世代住宅に求められている、必須の条件なのです。

スーパー断熱・気密構造

ハウスM21のスーパー断熱工法は構造体の外側をウレタンボードですっぽりおおい、断熱と気密を同時に施工します。 スーパー断熱住宅は新世代省エネルギー基準対応型の外張断熱工法です。 ウレタンフォームの断熱力とヒートブロック面材の遮熱効果で住まいを守ります。