施工例

21
+archi

Detail

  • 所在地
    一関市
  • 築年数
  • 面積
  • 工事費

Description

「そこに建つ意味」、「帰ってきた瞬間の開放感」、「住宅づくりの当たり前」

建築において、「場所」とはとても大切な要素。

目立つ、見た目ではなく、その場所にふさわしいカタチでたたずむことが大切。今回は河川敷の芝生に映える、白い外壁材で、周囲の自然環境に溶け込むようにデザイン。

扉を開けた瞬間の解放感。

ただ広いだけではなく、光を取り入れるサッシの大きさ、圧迫感を与えないための備え付け収納。

一つ一つに意味があります。これも開放感を実現するための断熱性能があってのもの。

リビングは南側、水回りは1Fにあるのが当たり前。

当たり前は、だれにでもあてはまるものでしょうか。今回リビングは北側にあり、水回りは2Fにあります。

住まい方は家族ごとに確実に違います。むしろ違うべきでしょう。

~建築家と建てる家を、身近に、手軽に~R+house